更新日 2017年10月20日


●トピック


事務局だより (ブログです) 

”2017年4月28日チェルノブイリ31年・福島6年救援キャンペーン「今中哲二講演会」”まとめ

2016年チェルノブイリ30周年救援キャンペーン 小出裕章氏講演<動画>!

2014年 チェルノブイリ28周年救援キャンペーン「チェルノブイリと福島」講演会<動画>

過去の報告会


インナさんの母親からのメッセージ

ロシアによるウクライナへの軍事介入についての声明


2011.11.20「放射線被ばくから子どもを守るために」黒部信一(小児科医師)
講演資料


2012年 チェルノブイリ26周年救援キャンペーン「チェルノブイリと福島」講演会<動画>


2011年 チェルノブイリ25周年救援キャンペーン広河隆一 「チェルノブイリ25年・福島元年」 原発事故 最新現地報告<動画>>


日本産婦人科医会「福島原発事故による妊婦・授乳婦への影響について」 に対するチェルノブイリ子ども基金の見解(2011.3.29) 
見解

チェルノブイリ子ども基金の声明 「福島原発50キロ圏までの避難範囲拡大と浜岡原発の即時停止を求めます」(2011.3.18

声明文
声明文英語(appeal in English)
声明文中国語 
(声明文中国語Jpg)



○事故24周年関連ニュース


○三つ折りパンフ 


○ボランティア募集


○販売品のご案内


○ベラルーシ・ウクライナの雑貨 


○子ども基金ニュース最新号のお知らせ


救援キャンペーンの報告


○チェルノブイリ子ども基金 連絡先


○チェルノブイリ子ども基金の募金口座



○子ども基金NEWS バックナンバー


○ナターシャ・グジー CD


チェルノブイリ子ども基金 TOP

メール






     


報告会 2017年夏 子どもたちの保養 チェルノブイリと福島

12月2日(土)14:00〜16:00 (13:30 受付開始)

会場:パルシステム東京新宿本部2F第1・2会議室

(最寄駅)都営大江戸線・東京メトロ副都心線
「東新宿駅」B2出口から徒歩5分

定員:100名 要予約
資料代: 500円


・チェルノブイリの子どもたちの保養「ベラルーシ・児童健康回復センター“希望”」
佐々木真理(チェルノブイリ子ども基金事務局長)

・福島の子どもたちの保養「沖縄・球美の里」
下野佳津子(沖縄・球美の里ボランティア)

・福島の現状「たらちね診療所」について
黒部信一(小児科医、未来の福島こども基金代表)

・チェルノブイリ原発の現状
小寺隆幸(チェルノブイリ子ども基金理事)

共催:チェルノブイリ子ども基金 未来の福島こども基金 
後援:生活協同組合パルシステム東京
申込・問合せ先: チェルノブイリ子ども基金

Tel/Fax: 03-6767-8808  E-mail: cherno1986@jcom.zaq.ne.jp

※当日緊急連絡先:080-8714-5601 (注:通話可能時間12:30〜報告会終了時まで)

チラシはこちら



●ニュース107号(2017年6月号)を発行しました
 こちらからご覧ください

購読をご希望の方は事務局までご連絡ください。
年間購読料は2000円です。
Tel&Fax 03-6767-8808
振込先番号:郵便振替 00160-4-98316
口座名:チェルノブイリ子ども基金

子ども基金NEWS バックナンバー




2018 チェルノブイリ32周年救援カレンダー 
子どもたちの保養 チェルノブイリと福島
撮影 広河隆一


<10月末〜11月初 完成予定>



チェルノブイリ子ども基金は、チェルノブイリ原発事故後、

甲状腺がんの手術を受けた子どもたちの医薬品の援助や、保養プロジェクトを行ってきました。

当時子どもだった世代は、自らが親となっています。

次世代の子どもたちにもさまざまな健康被害が続いているため、

病気の子どもたちのための保養は現在も続いています。

一方、福島の子どもたちの健康を守るための保養も行われています。

2018年カレンダーは、

ベラルーシと沖縄で保養をする親子の写真でつづられています。

また各月の小窓には、

ベラルーシの病気の子どもたちの写真(撮影は子ども基金スタッフ)が掲載されています。

カラー、サイズ:縦42cm×30 cm
見開きA3サイズ
デザイン:川島進デザイン室


定価1100円 送料別(2部まで200円)(10部以上:1部1000円/送料無料)

お申込みはcherno1986@jcom.zaq.ne.jpにメールをお願いします。

お支払方法:お届けするカレンダーに同封の郵便振替用紙でお振り込みください。

 


カレンダーの収益は、チェルノブイリと福島の原発事故による被災児童のための救援金にあてられます。




 甲状腺手術を受けたインナ(ウクライナ・キエフ市)の手紙

 

インナは12歳のとき(現在29歳)、甲状腺ガンの手術を受け、その後ずっと薬を服用しています。手術後、「チェルノブイリ子ども基金」主催の現地サナトリウムでの保養に招待されたり、「子ども基金」が支援した薬を現地の救援団体や病院を通じて受け取ったりしてきました。妊娠がわかったとき、医師からは出産を諦めるように言われましたが、2008年に女児を出産しました。

 「インナの手紙」 「インナの手紙 英語」



救援キャンペーンの報告


●2007年 チェルノブイリ21周年救援キャンペーン

●2008年 チェルノブイリ22周年救援キャンペーン

●2009年 チェルノブイリ23周年救援キャンペーン


●2010年 チェルノブイリ24周年救援キャンペーン

●2011年 チェルノブイリ25周年救援キャンペーン<動画あり>

●2012年 チェルノブイリ26周年救援キャンペーン<動画あり>

●2013年 チェルノブイリ27周年救援キャンペーン


●2014年 チェルノブイリ28周年救援キャンペーン

●2015年 チェルノブイリ29周年救援キャンペーン

●2016年 チェルノブイリ30周年救援キャンペーン

●2017年 チェルノブイリ31周年救援キャンペーン




●三つ折りパンフ

「子ども基金の活動を紹介したパンフレットの普及にご協力をお願いします。イベントや集会の際に配布していただいたり、お店などに置いていただき、子ども基金の活動を多くの方に知っていただけたらと思います。

必要部数をお知らせいただければお送りいたします。

※各地域のボランティアセンターなどにも置いてもらえます。」







●ボランティア募集


事務局での平日・土曜日のボランティア作業は不定期に行っています。
ボランティア参加ご希望の方は事前に事務局までご連絡をお願いいたします。


●次回ニュース発送作業日

2017年10月28日(土)午後1時〜4時頃まで
東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋駅ビル セントラルプラザ10階 )

少しの時間でも歓迎です。
参加される方は事前にメール、FAX、電話でご連絡下さい。電話/FAX 03-6767-8808


販売品のご案内 

お申込みはcherno1986@jcom.zaq.ne.jpにメールを下さい

絵葉書・書籍などをお買い上げいただくことで、被災地の子どもたちの救援活動にご参加いただけます。収益は子どもたちの薬代・転地療養費用として活用されます

● ご注文方法:①住所 ②電話番号 ③氏名 ④希望品名と数量を明記の上、FAX・TEL・メールでお申し込みください。
●送料別
●お支払い方法:振込用紙を同封しますので、品物が届きましたらお振込みください。小額の場合には切手でのお支払いも可能です(封筒に金額分の切手を入れてお送りください)


新しい色・柄が入荷しました。

「リネンクロス」ベラルーシ製 1枚 800円  
サイズ:45〜50cm×70cm
色をご指定下さい。
柄はお任せください。




「リネンクロス・リンゴ柄」ベラルーシ製
 1枚 700円  
サイズ:35cm×70cm

色はおまかせください

    リンゴ(サイズ小)

メッセージカード (ハンドメイド)」ベラルーシ製 1枚 300円
サイズ:10cm×15cm (模様の部分は布です)
番号をご指定ください。

カード1 カード2 カード3

カード4 カード5 カード6
カード7 カード開いたところ


「マトリョーシカのマグネット」 1個 500円  


色・柄はおまかせください





「マトリョーシカのキーホルダー 」  1個 500円  


 



ポストカード 


1.「いのちの輝き」1セット(6枚入り) 撮影:広河隆一 500円 

※10セット以上ご購入の場合1割引

 

 

 


書 籍  
お申込みはcherno1986@jcom.zaq.ne.jpにメールを下さい


1.「写真記録 チェルノブイリ 消えた458の村」広河隆一編著 8,000円 (日本図書センター)

放射能汚染により人の住むことができなくなってしまった村々の貴重な写真記録集。






2.「ニーナ先生と子どもたち」広河隆一著・写真(小学館)<日本語版> 1,300円
チェルノブイリ事故により放射線汚染地域となった学校のニーナ先生、病気の子どもたち、自然界の異変、人が住めなくなった村など、被災地の様子を写真を通して伝えています。
    

3.「新・人間の戦場 フォトジャーナリスト 広河隆一の全軌跡」広河隆一3400円 (DAYS JAPAN)

 


4.DAYS JAPAN Vol.11 No.6 (2014 JUN) 820円

 

特集1 実測 チェルノブイリ放射能汚染地図 
福島の人が住む町と比較
測定:広河隆一、解説:小出裕章

 

特集2 広河隆一の現地レポート 28年目のチェルノブイリ
写真・文:広河隆一
取材協力:チェルノブイリ子ども基金

 


5.DAYS JAPAN Vol.10 No.2 (2013 FEB) 820円

 

特集 チェルノブイリに学ぶ これからおきる子どもの病気と保養の効果
写真:広河隆一
講演:ヴャチェスラフ・マクシンスキー(ベラルーシ子ども保養施設「希望」所長)
協力:チェルノブイリ子ども基金、沖縄・球美の里

 






※以下の在庫はなくなりました。書店、出版社などでお買い求めくださいますようお願いします


「生きていたい」チェルノブイリ子ども基金編(小学館)  1,600円
チェルノブイリ事故当時、被害にあった子どもたちが描いた絵と詩。ふりがながふってありますので、小学校低学年のお子さんにもお読みいただけます





「紛争、貧困、環境破壊をなくすために世界の子どもたちが語る20のヒント」
小野寺愛+高橋真樹編著 ピースボート編 (合同出版)1,400円


紛争、貧困、環境破壊の現場を生きる世界20カ国の
世界の子どもたちの「いま」を伝えます。
この本の第3章 自然環境と子どもたち
「コウノトリよ、はばたけ! チェルノブイリの子どもたち」は
子ども基金のスタッフが執筆しています。





その他の販売品


チェルノブイリ救援カレンダー

CD





チェルノブイリ子ども基金   

〒177-0035 東京都練馬区南田中2-7-7
電話/FAX兼用 03-6767-8808

郵便振替:00160-4-98316


※他の金融機関からゆうちょ銀行へお振込の場合
店番 019
店名 〇一九店(ゼロイチキュウ店)
預金種目 当座0098316
受取人名 チェルノブイリコドモキキン


E-メールcherno1986@jcom.zaq.ne.jp


チェルノブイリ子ども基金 最新情報
CHERNOBYL CHILDREN'S FUND,JAPAN