更新日 2021年5月10日


●トピック


事務局だより (ブログです) 


○ボランティア募集


○販売品のご案内


○ベラルーシ・ウクライナの雑貨 


○子ども基金ニュース最新号のお知らせ


救援キャンペーンの報告


○子ども基金 パンフレット


○チェルノブイリ子ども基金 連絡先


○チェルノブイリ子ども基金の募金口座



○子ども基金NEWS バックナンバー


○ナターシャ・グジー CD


過去の報告会



○その他


チェルノブイリ子ども基金 TOP

メール






     


以下の講演会は終了しました。

YouTubeでの配信はじまりました。

*** チェルノブイリ35年・福島10年 救援イベント ***


豊田直巳 講演会 「チェルノブイリから福島」

原発災害をどう記憶し、心に残し、震災後をどう生きるか

 2011年2月にチェルノブイリを取材、東日本大震災の福島第一原発事故の直後から現地入りし、現在も原発事故被害の取材を続ける豊田さんにお話しいただきます。
 原発事故の報道は減りましたが、放射能汚染は次の世代に、その次の世代に、さらに次の世代にまで続きます。しかし、初め「復興五輪」と言われていたオリンピックが、今は「コロナに打ち勝った証しに」と言い換えられ、原発事故も、その被害も、まるで終わったことのようにされています。原発事故による被害とともに、コロナ禍でさらに困難な状況にあるチェルノブイリと福島の子どもたちへの支援を呼び掛けるために、この講演会を開催します。


2021年4月24日(土)13:00~15:00

◆会場:Zoomによるオンライン開催
◆定員:200名
◆申込締切: 4月24日(土)9:00
◆申込先URL: https://sites.google.com/view/palsystem-tokyo/fukushima
※申込時記載のメールアドレスにZoomミーティングのURLと詳細が届きます。
◆問合せ先:Eメール cherno1986@jcom.zaq.ne.jp
◆参加費:無料
【主催】チェルノブイリ子ども基金 未来の福島こども基金
【後援】生活協同組合パルシステム東京

 
2013年4月 
飯舘村からの避難者が暮らす伊達東仮設住宅



 
2015年12月
背後の原発推進 PR の看板の撤去に抗議する大沼勇治、せりなさん夫妻。小学生だった大沼さんが考案した「原子力明るい未来のエネルギー」も、負の記録・記憶として残すべきと。
 
2011年2月 ウクライナ
 チェルノブイリ原発4号機前で
 
2011年2月 ベラルーシ
 「サマショール(自発的帰還者)」の女性
撮影:豊田直巳


  ★講演 豊田直巳(とよだ なおみ)プロフィール
フォトジャーナリスト。
ドキュメンタリー映画監督・制作。JVJA(日本ビジュアルジャーナリスト協会)会員。
平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞(2003年)。
【写真集、著書】
『百年後を生きる子どもたちへ』(農文協)、『福島 原発震災のまち』(岩波書店)
『それでも「ふるさと」全三巻』(農文協)第66回サンケイ児童出版文化賞を受賞 他多数
【映画】
『サマショール 遺言 第六章』2021年2月より全国劇場にて順次公開
 




★支援活動の報告
「未来の福島こども基金」代表 黒部信一
「チェルノブイリ子ども基金」事務局長 佐々木真理

☆このイベント開催のための賛同金を募集しています。
一口1,000円 郵便振替口座 00160-4-98316 口座名 チェルノブイリ子ども基金

チラシはこちら




●ニュース118号(2021年2月号)を発行しました

 こちらからご覧ください

購読をご希望の方は事務局までご連絡ください。
年間購読料は2000円です。
Tel&Fax 03-6767-8808
振込先番号:郵便振替 00160-4-98316
口座名:チェルノブイリ子ども基金

子ども基金NEWS バックナンバー




2021 チェルノブイリ35周年救援カレンダー



「チェルノブイリ子ども基金」は1996年から、ウクライナとベラルーシの甲状腺手術後の子どもたちの保養プロジェクトを現地のサナトリウムで開催。2008年からは、甲状腺手術後の子どもと他の臓器の腫瘍病や血液・リンパ系の病気の子どもたち、また甲状腺手術を受けた親とその子どもたちも保養に招待しています。ベラルーシの子ども健康回復センター「希望」の医師は、「汚染地域に住んでいる子どもたちは全体として免疫力が低く、何らかの健康上の問題がある」と言います。一定期間であっても、汚染のない地域で安全な食べ物を食べて過ごす保養は、子どもの健康維持・回復に効果があります。このカレンダーは、保養に参加した子どもたちと、日本の里親から支援を受けている子どもたちの写真で構成されています。

定価800円 送料別(9部まで200円)(10部以上:1部700円/送料無料)
お申し込み方法:Fax 、E-mailまたは郵送でお申し込みください
お支払方法:お届けするカレンダーに同封の郵便振替用紙でお振り込みください


 

カラー、サイズ:縦30 cm×21 cm(見開きA4サイズ)
撮影:チェルノブイリ子ども基金 佐々木真理
デザイン:川島進デザイン室
発行・制作:チェルノブイリ子ども基金


★カレンダーの収益は、チェルノブイリと福島の原発事故により被災した子どもたちの救援金にあてられます。2020年版の収益は81万円でした。

★チラシ宣伝にご協力いただける方はご連絡ください。



チェルノブイリ子ども基金
〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-16-15-408
TEL/FAX 03-6767-8808
E-mail cherno1986@jcom.zaq.ne.jp
HP http://ccfj.la.coocan.jp/
郵便振替 00160-4-98316



●ボランティア募集:子ども基金ニュースレターの発送作業

<次回>

ニュース発送作業(年3回:2・6・10月):お手伝いいただける方を募集します。どなたでもお気軽にご参加ください。
次回は、6月中旬の予定です。感染対策のため日程・定員が流動的ですので、関心のある方は事務局へお問い合わせ下さい。

場所:東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋駅ビル セントラルプラザ10階)

※ボランティア参加をご希望の方は、メールかお電話でご連絡ください。電話は平日午前10時~午後5時。留守の場合は伝言をお願いします。

E-mail cherno1986@jcom.zaq.ne.jp
電話/FAX 03-6767-8808

新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、東京ボランティア・市民活動センターの利用に際し以下の注意書きが出ています。
●各自でマスクをご用意いただき、着用の上、来所してください。
●当日を含め過去2 週間に発熱・風邪の症状がある方のご利用はお控えください。
●密室状態を避けるため、利用人数を会議室Aと会議室Bは各15 名、会議室Cは6 名、印刷室は1 団体(2 名)とさせていただきます。フリースペースは少人数・短時間でご利用ください。
●センター内での会食はお控えください。

さらに詳しくは以下をご覧ください。
<お知らせ:令和2年6月以降のTVACの利用について>
https://www.tvac.or.jp/news/50489


崎山比早子さん講演「原発事故から8年 福島における小児甲状腺がんの多発」(2019年4月21日:ココネリホール)の動画はこちらからご覧いただけます

当日配布資料はこちらからご覧いただけます

質疑応答の内容はこちらからご覧いただけます


週刊文春2019年1月3日・10日号に掲載された広河隆一氏の記事に関して 2018年12月27日


 甲状腺手術を受けたインナ(ウクライナ・キエフ市)の手紙

 

インナは12歳のとき(現在29歳)、甲状腺ガンの手術を受け、その後ずっと薬を服用しています。手術後、「チェルノブイリ子ども基金」主催の現地サナトリウムでの保養に招待されたり、「子ども基金」が支援した薬を現地の救援団体や病院を通じて受け取ったりしてきました。妊娠がわかったとき、医師からは出産を諦めるように言われましたが、2008年に女児を出産しました。

 「インナの手紙」 「インナの手紙 英語」




救援キャンペーンの報告



●2007年 チェルノブイリ21周年救援キャンペーン

●2008年 チェルノブイリ22周年救援キャンペーン

●2009年 チェルノブイリ23周年救援キャンペーン


●2010年 チェルノブイリ24周年救援キャンペーン

●2011年 チェルノブイリ25周年救援キャンペーン

 2011.11.20「放射線被ばくから子どもを守るために」黒部信一(小児科医師)講演資料

●2012年 チェルノブイリ26周年救援キャンペーン<動画あり>

●2013年 チェルノブイリ27周年救援キャンペーン


●2014年 チェルノブイリ28周年救援キャンペーン

 インナさんの母親からのメッセージ(2014年)


●2015年 チェルノブイリ29周年救援キャンペーン

●2016年 チェルノブイリ30周年救援キャンペーン

●2017年 チェルノブイリ31周年救援キャンペーン

●2018年 チェルノブイリ32周年救援キャンペーン

●2019年 チェルノブイリ33周年救援キャンペーン




販売品のご案内 

お申込みはcherno1986@jcom.zaq.ne.jpにメールを下さい

絵葉書・書籍などをお買い上げいただくことで、被災地の子どもたちの救援活動にご参加いただけます。収益は子どもたちの薬代・転地療養費用として活用されます

● ご注文方法:①住所 ②電話番号 ③氏名 ④希望品名と数量を明記の上、FAX・TEL・メールでお申し込みください。
●送料別
●お支払い方法:振込用紙を同封しますので、品物が届きましたらお振込みください。


「リネンクロス」ベラルーシ製
サイズ49㎝x70㎝
1枚 800円
 1.子犬
色:赤、青、紫
 
2.青系
※柄はお任せください。
 
3.赤系
※柄はお任せください。
 
 4.ベージュ・赤・緑ミックス
※柄はお任せください。
 
5.葉
※色・柄はお任せ下さい。
 
 6.果物
※色・柄はお任せ下さい。
 

入荷しました

「マトリョーシカのマグネット」 1個 500円  

色・柄はおまかせください





「マトリョーシカのキーホルダー 」  1個 500円  

 


書 籍  
『医師が診た核の傷 -現場から告発する原爆と原発』

広岩近広著(藤原書店)2,200円
~23人の医師が実名で渾身の告発!絶対に“核と人類は共存できない”~

血液や甲状腺の専門医をはじめ臨床経験の豊富な内科医や精神科医らが、原爆と原発の核被害者の「核の傷」について報告した貴重な記録。『毎日新聞』連載をもとに改稿・加筆。

【目次】隠された惨劇/原爆編(息をのんだ人間の末期―外傷がないのに吐血、脱毛、そして悶死/染色体異常が生む多重がん―すべての臓器に起こるがん/不安に苛まれ続ける生涯―被爆者への無理解・誤解・差別)/原発編(多発する子どもたちの甲状腺がん―チェルノブイリからフクシマへ/福島が学ぶチェルノブイリ―子どもたちを守るために/老朽原発が生み出す労働者被曝)

★子ども基金ニュースレター“黒部ドクターのお話し”でおなじみの黒部信一さん(小児科医、「未来の福島こども基金」代表)のインタビューが掲載されています。





※以下の在庫はなくなりました。書店、出版社などでお買い求めくださいますようお願いします


「生きていたい」チェルノブイリ子ども基金編(小学館)  1,600円
チェルノブイリ事故当時、被害にあった子どもたちが描いた絵と詩。ふりがながふってありますので、小学校低学年のお子さんにもお読みいただけます





「紛争、貧困、環境破壊をなくすために世界の子どもたちが語る20のヒント」
小野寺愛+高橋真樹編著 ピースボート編 (合同出版)1,400円


紛争、貧困、環境破壊の現場を生きる世界20カ国の
世界の子どもたちの「いま」を伝えます。
この本の第3章 自然環境と子どもたち
「コウノトリよ、はばたけ! チェルノブイリの子どもたち」は
子ども基金のスタッフが執筆しています。





その他の販売品


チェルノブイリ救援カレンダー

CD




チェルノブイリ子ども基金 パンフレット 

   




チェルノブイリ子ども基金   

〒〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-16-15-408
電話/FAX兼用 03-6767-8808

郵便振替:00160-4-98316


※他の金融機関からゆうちょ銀行へお振込の場合
店番 019
店名 〇一九店(ゼロイチキュウ店)
預金種目 当座0098316
受取人名 チェルノブイリコドモキキン


E-メールcherno1986@jcom.zaq.ne.jp


チェルノブイリ子ども基金 最新情報
CHERNOBYL CHILDREN'S FUND,JAPAN