チェルノブイリ31年・福島6年救援キャンペーン

今中哲二講演会

「放射能汚染の時代をどう生きるか、子どもたちをどう守るか」

■2017年4月28日(金)19:00開演(18:30開場)

■練馬文化センター 小ホール
(西武池袋線・西武有楽町線・都営地下鉄大江戸線「練馬駅」北口 徒歩1分 )

■定員 520名

■入場料 予約1000円 当日1300円

【講演】今中哲二 

京都大学原子炉実験所研究員。
チェルノブイリと福島の放射能汚染の実態について調査・研究を続け、
原発の危険性を訴えている。

「研究者に知識はあっても、人々が抱えた苦しみは本当には分からない。
答えの出る問題ではないからこそ自分の言葉で話したい」
(2016.8.1 京都新聞「時のひと」より)

【報告】

黒部信一 : 「未来の福島こども基金」代表、小児科医

佐々木真理 : 「チェルノブイリ 子ども基金」事務局長

■共催: チェルノブイリ子ども基金 未来の福島こども基金

■予約受付・問合せ先:チェルノブイリ子ども基金
Tel/fax 03−6767−8808
E-mail :cherno1986@jcom.zaq.ne.jp

※予約受付は4/26(水)午後3時まで。⇒ ※予約受付は4/27(木)午後5時まで。

☆このイベントの収益は、チェルノブイリと福島の子どもの保養費用などに使われます☆